セフレを作りたいと思っている人達が集まるセフレ募集掲示板の特徴とは

banner

セフレになってくれそうな女性とは

初めから積極的な女性は、自分から狩りに出かけてゆきますし、自分はこういうセックスがしたいという主張もしっかり持っています。
それが合致すれば素敵なセフレになりますが、自分で相手を変えたいとか、開拓したいという欲求があるのであれば、そういう女性よりも未開拓の女性のほうがいいでしょう。
自分のテクニックでどんどんエロくなってきて、開花させます。
またそういう女性のほうが受動であるため、どこまででも応えてくるのです。
セフレとしていい関係になるのは、セックスレスの人妻です。
旦那からあまり女性として見られなくなっているため、自分に魅力があることもわかっていません。
「でも、このままセックスなしで死んでゆくのか」ということに不安を感じていますから、他の男性との関わりが欲しくて出会い系サイトなどの利用を始めるのです。
しかし自分に自身がなく、エロい自分もわかっていませんから、アピールはごく控えめです。
何のとりえもなく、セックスアピールもない女性として、プロフィールに書き込みます。
しかしいざセックスをして回数を重ねてゆくと、徐々に大胆になってゆき、もっと快感を得るためにどんな要求にも応えるようになってゆくのです。
女性というだけでもともと性欲はある程度高いのに、セックスレスという時期が長ければ、抑圧されていてものが一度爆発したときには、とどまることを知りません。
イニシアティブをこちらが取りたいという人にとっても、そういう人妻がいいでしょう。
相手にセックスの快感を与えるだけで、従順になってゆきます。
また「この人の言うことを聞いていれば、新たな快感が得られる」パブロフの犬のように反応するようになります。
人妻とは秘密の共有もできますので、セックス以外はお互い節度を持って付き合ってゆくことができます。
それがセフレとしての一番大切な条件です。
もし秘密にしなければならない相手がいないのであれば、私生活にズカズカと踏み入ってくることがあるかもしれませんよね。
人妻は自分にも壊されたくないフィールドがありますから、相手に対してもそれを守ろうとします。
一定の距離感を持って楽しめる相手になるのです。
控えめで自分自身への評価が低い女性、こういった人妻の中に、セフレとして最高の関係が築ける相手が待っているかもしれません。
出会い系サイトなどで相手を探すときには、そういう女性をターゲットにしてみましょう。
磨けば磨くほど光る原石かもしれません。

セフレになりやすい女性とは?

押しに弱い女性はセフレ扱いをされてしまいがちです。
近年では男性も草食系と言われるほどセックスに対して興味がないという男性もいますが、やはり積極的な男性もたくさんいます。
押しに弱い女性は、セックス目的だとわかっていても口説かれてしまうとセックスしてしまいやすいのです。
男性は口説くまでが楽しく、口説いてしまうと目的はある程度達成されてしまいます。
セックスだけで終わりたくないという女性は男性口説いてきてもすぐに体を許すことはなく、口説かれる過程も楽しみます。
しかし、押しに弱い女性は口説かれていることに喜びを感じてしまい簡単に体を許してしまいがちなのです。
女性の場合、体を許すと愛情はどんどん深くなりますが、男性の場合は逆ですので、セフレ扱いは嫌だという女性は気をつけるといいでしょう。
口説かれる過程を楽しむことも大切です。
同様に寂しがり屋な女性もセフレ扱いされやすい傾向があります。
一般的に男性はセックスをするまではとても優しいので、寂しがり屋の女性は男性の口説き文句を真に受けて簡単に体を許してしまいがちになるのです。
結果、寂しさを一時紛らわすことはできますが、安定感はなく、自分の好きな時に会えないなどの傾向にあります。
セックスに依存し過ぎる女性もセフレ扱いされてしまいがちです。
セックスをしていないと彼の心をつなぎとめることはできないと勘違いしている女性は男性からしたら恰好のターゲットになってしまいます。
セックスに対してのハードルがとても低いので簡単に体と心を許してしまいがちなのです。
過去にセフレとしての経験があったり、不倫経験がある女性などもセックスに依存しやすい傾向があります。
セフレが欲しい男性はセックスに依存しがちな女性を見抜きますが、深入りしないようにしますので、彼女になることはないでしょう。
お酒が好きな女性もターゲットにしやすいですね。
お酒は解放感を与え、性欲を強くします。
普段は抑えていても、お酒を飲むと理性が働かなくなり簡単にセックスをしやすい心理状況にしてしまいがちなのです。
男性とお酒を飲む時は、適度なお酒の量にしたりすることが大切です。
体だけでいい関係が欲しい女性も深酒は危険です。
泥酔状態の女性の扱いは非常に困るものがありますので、路上で寝てしまうほどの深酒をしてしまうのではなく、適度な解放感があり、気持ち良いと感じる程度にしておきましょう。
気持ち悪くなるほど飲んではいけません。
せっかくホテルにいっても介抱されて終わったなんてことにならないように気をつけましょう。

セフレにしやすい男性

セフレにしやすい女性は寂しがり屋な女性などが当てはまりますが、しやすい男性っているのでしょうか。
まず挙げられるのが既婚者ですね。
既婚者男性は自分の妻に性欲を感じずに他の女性に目移りしやすいのです。
誘われて嫌な気持ちになることもありません。
ですから、女性も単にセックスだけをする男性が欲しいということだけであれば、既婚者は狙いやすいのです。
ですが、既婚男性とセックスをするような関係になった場合、あなたの存在が奥さんにばれた場合は大きなトラブルに発展したり、慰謝料請求されてしまうという大きなリスクがあります。
そのようなリスクを避けたいという場合は独身男性を狙いましょう。
婚約中の男性も既婚者と同じような扱いになります。
婚約者の相手にばれて破談などになると慰謝料請求の対象になりますので、やはり婚約中の男性もあまりよくないといえますね。
彼女がいるけれども彼女があまりセックスをさせてくれないなど、彼女がいるのにセックスライフに不満がある男性の場合はセフレにしやすいといえます。
飲んだ席などで彼女の愚痴が出たらセフレにしやすいといえるでしょう。
また、過去にセックスだけをする女性がいたことがあるような男性も慣れているのでセックスだけをしやすい男性といえます。
男性との会話の中で、ぷらいベーとに不満があるような男性は実は狙い目なのです。
また、彼女がいる男性も彼女以外の女性とセックスをしてみたいという心理はありますので、狙いをつけやすいんですね。
一方で気をつけたい男性もいます。
女性との会話の中で女性に好かれようとしている傾向のある男性はあまり好ましくありません。
確かにあなたの好きなようにさせてくれたり、なんでもお願いを聞いてくれる都合のいい男性になってくれる可能性はありますが、いざ自分は単なるセフレだったということがわかってしまった途端に逆上させてしまう可能性があるからです。
関係を終わらせる時にトラブルになってしまったりストーカーのようになってしまう可能性もあります。
完全にフリーな男性の場合であなたのことをとても好きになってしまったなんて場合は別れる時が大変になります。
気軽にセフレだけの関係が欲しいという場合は、最初にきちんと告げるべきでしょう。
また、避妊をしたがらない男性もいるので、自己防衛をきちんとするべきといえます。
セフレにしやすい男性はたくさんいますが、してはいけないタイプの男性も確実にいますので、見極めて楽しいセックスライフを送りましょう。

Copyright(c) 2014 セフレを作りたいと思っている人達が集まるセフレ募集掲示板の特徴とは All Rights Reserved.